料金比較も、一括見積もりも、最短1分で料金相場が分かるのは、引越し侍

2017年04月09日

引っ越し やること 役所

[やること] ブログ村キーワード

役所でやることは、基本的に旧居で転出届をもらって、新居で転入届を出す。

他には、国民健康保険、国民年金の住所変更。但し、会社員の場合は会社で手続きをしてくれるので、必要なし。
印鑑登録をしている人は、印鑑登録の変更届。
子供がいる人は、児童手当の手続き。。。

といった具合に人によって手続きが簡単な人といくつも手続きが必要な人がいるので、一番確実なのは、新居の市区町村Webサイトに「引っ越し」に関するページがあるので、それを読んで自分に必要な手続きをピックアップすること。

それでもよく分からない時は、現住所地の役所へ行って、引っ越しに関する手続きについて教えてもらうこと。最近は、総合案内所を設けていたり、案内人が立っていたりするので、その人に「今度、〇〇へ引っ越すのですが、どのような手続きが必要になるでしょうか?」と聞けばOK。


posted by さくら at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越し やること

2017年03月07日

引っ越し やること チェックリスト

[チェックリスト] ブログ村キーワード


今時は、業者さんのホームページからチェックリストがダウンロードできたり、印刷できたりするようになっているのでとても有難い。

が、一人暮らしや子供がいる人、家族構成や状況などによって細かい部分は変わってくるので、基本的に印刷して、家族全員で気付いた事を書き込める&確認できるようにしておくのがお勧めです。(役割分担も書き込める)

基本的に、引っ越しが決まったら、使っていない物はどんどん捨てる。

引っ越し1週間前になったら、引っ越し当日まで使う物以外を荷造りする。
当日までに使うかどうか迷う物は、フタを開けたままのダンボールに入れておく。

前日までに役所に行って、転出届けをもらう。
郵便局へ転送届を出す。

前日&当日は、多少お金が掛かるものの外食&銭湯に行くと思い出作りも兼ねられる。
思い切ってホテルに宿泊するのも1つの手。

当日は、ひたすら荷解き。食事はデリバリーがお勧め。お風呂に入れて、寝床が確保できれば、後は何とでもなるので、浴室と寝室が最優先w

翌日は、転出届を持って役所へ行き、転入届を出す。
あとは、順次、住所変更手続きを行うだけ。これがちょっと大変なんだけど、今時はネットで住所変更手続きができるので、まずは、すべての通帳とすべてのカード類を用意して、1件ずつ変更していく。

自宅にコピー機があれば、すべてのカードを並べて、1枚の紙にコピーすると、住所変更手続きが必要な物を一覧で見られる上、終わったものに印を付けられるので、手続き漏れが無くなります。あとは、転送されてくる郵便物を見て、住所変更されていなければ、その都度、変更手続きをしていけばOK。

1人暮らしの人なら、スマホやExcelでチェックリストを作成しても良いのですが、2人以上ならお互いに抜けや漏れが無いか確認するためにも紙に印刷して、書き込める方がお勧めです。特に、旦那さんに手伝ってほしいとか子供たちの自立を促す経験の場として、役割分担をしようと思うなら紙がお勧め。

結局、チェックリストはネットで拾ってきても、自分用に加筆修正が必要なので気を付けてね。


posted by さくら at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越し やること

2017年02月16日

引っ越し やること

家族が引っ越しの時にやることは・・・主導者に黙って従い、主導者の気が回らない部分をさりげなくサポートすることw

家族で引っ越す場合は、主導者=メイン担当者を明確にしておくことが大事。基本的には夫か妻になるかな。

メイン担当者が決まったら、やることリストを作成する。最近はネットで検索すると色々ヒットするので、良さそうなのを1つプリントアウト(印刷)して、そこにどんどん書き込んでいくのがお勧め。

個人的には、印刷したものを表紙にして、ルーズリーフを使って、1枚に1つの日付を書いておく。そうすると、引っ越し当日はもちろん、引っ越し前にやっておくこと、引っ越し後にやることを日付別(期限別)に書き出せるし、ページを足したい時や順番を入替えたい時に便利ですよ。

ルーズリーフなら穴が開いているので、バインダーやリングで留めておけば散らばらずに済むし、順番がぐちゃぐちゃになることもない。そのルーズリーフを家族全員で共有して、気付いた時、思い出した時に書き込んでおけば全員で情報共有できるので抜けや漏れが少ないですよ。

ちなみに小学校高学年以上のお子さんがいらっしゃるなら、やることリストの管理と進捗状況の確認を任せると、子供が自立する時の予行演習にもなり、親の負担も減り、Win-Win になりますよ。

最初の印刷や項目の書き出しは親がやって、以後の追加などは子供にお願いする。毎晩、ルーズリーフを見ながら家族皆で話す機会を作ることができると大変な引っ越し作業も楽しいイベントになりますね。
(*^-^*)


posted by さくら at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越し やること