料金比較も、一括見積もりも、最短1分で料金相場が分かるのは、引越し侍

2017年02月25日

引っ越し 単身パック

単身パックってクロネコヤマトが最初だったと思ったけど、今は各社でサービスされてるんですね。クロネコヤマトの公式サイトを見てびっくり。

単身引越:12,000円〜
単身引越ミニ:11,000円〜

えぇ〜っ!!そんなに安いのっ?!なんでっ?!
ちゃんと注意書きがありました。

※関東エリア同一市区内で、最大3つの割引(Web割引、早期割引、平日割引)を適用した場合の料金例です。

なるほど。
引っ越しも、ちゃっちゃっと日程決めて、Webから申込み、平日に引っ越すようにするとかなり安くなるようです。2010年10月頃、平日、ワンルーム、横浜市鶴見区内の引っ越しで5万円ほど(当時、一括見積で最安値)でしたが、やはり計画的に動ける人がお得になるようになっているのでしょうね。

週末の休みを使って引っ越すよりも、有給休暇を使って平日引っ越す方がお得かもしれません。



[引っ越し] [ヤマト] [単身] ブログ村キーワード


posted by さくら at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越し 単身パック

2017年02月23日

引っ越し 挨拶

引っ越しの挨拶はどこまでするか?
旧居では、もちろんお世話になった方全員へ。「立つ鳥跡を濁さず」をモットーに、迷った時は渡しておく。

新居では、基本的に「向こう三軒両隣」
向こう三軒は、道を挟んだ向こう側三軒の家のこと。両隣は、自宅の両隣の家のこと。この言葉通りにいけば、5軒分挨拶しとけば良いということになるけれど・・・個人的には下図を頭に入れてます。

□□□
□■□
□□□

■:自宅
□:周りの家

上図が頭に入っていると8軒へ挨拶することになる。これがマンションだと上下左右の家だけでも構わないので4軒になる。アパートだったら、全戸8軒以内なら、全部に挨拶しておこうと思う。

それを踏まえた上で、新居では絶対に挨拶しておかなきゃいけない人と絶対に挨拶しちゃいけない人の判断ができないので、大家さんとか自治会長さんとか管理人さんとかに聞く。

「こちらの地域では引っ越しのご挨拶は皆様どのようになさっているのでしょうか?」と。

大家さんとか自治会長さんとか管理人さんとコンタクトが取れない場合は、向こう三軒両隣へ挨拶に行った時に聞く。

「特にルールは無いみたいですよ」とか「こうされてるみたいですよ」とか教えてもらった時は「ありがとうございます」と答える。で、次の家で挨拶する時に「〇〇だとお聞きしたのですが、こういう感じで合っているでしょうか?」と聞けば、本当のことを教えてもらえたのか?自分のやり方は合っているのか?の確認ができる。


引っ越しの挨拶には、自分がどんな人間か知ってもらうのと、相手がどんな人間かを知ることの両方の意味があると思うんだな。お互いの家族構成を知るのもそう。いざという時に助け合えるようになりたいし。


ただ・・・女性の1人暮らしの場合だけは要注意。礼儀を重んじるあまり、律儀に挨拶回りをしてストーカー被害に遭ったのではたまらない。だから、大家さんとか地域を仕切っている人に、挨拶に行った方がいい家と行かない方がいい家をちゃんと教えてもらうのだ。

私も、とあるアパートに引っ越した時、大家さんに「挨拶は女性の家だけにしときなさい」と教えてもらいました。少々偏屈な男性が一人いたので、後で角が立ってはいけないから、男性のみの家は全て挨拶しないことにしたのです。

大家さん、その節はありがとうございました。

どこまで引っ越しの挨拶をするか迷ったら、地域を仕切っている人に聞いてみるのが一番良いです。


posted by さくら at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越し 挨拶

2017年02月22日

引っ越し祝い

引越し祝いに「のし」をつけるなら・・・お店の人に任せる。何のお祝いで、どんな関係の相手に贈るのか?送り主が誰なのか?を伝えると、お店の人がちゃぁ〜んとやってくれるから簡単。百貨店とかだと安心です。

自分で現金を包むなどの場合は、白赤の蝶結びの水引とのし付きのご祝儀袋を用意し、表書きは「御祝」「引っ越し祝い」「お餞別」「おはなむけ」などと書いて、下に自分の名前を書けばOK。


金額の目安はこんな感じで。
両親:10,000円〜100,000円
親戚:10,000円〜30,000円
兄弟:10,000円〜30,000円
友人・知人:5,000円〜10,000円
勤務先同僚:5,000円〜10,000円
近所:5,000円〜10,000円

地域ごとやそのコミュニティでの相場もあるかもしれないので、上記を頭に入れた上で、周りの人達に相談してみるのも忘れずに。


posted by さくら at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越し祝い